バリアフリーのリフォームなら私達にまずご相談ください

一括お見積りはこちら

バリアフリーのリフォームなら私達にまずご相談ください

pic123

住宅のバリアフリー化が必要といわれていますが、体が健康なうちはなかなか問題に気付くことができません。足の骨折を経験するとよくわかるのですが、少しの段差が信じられないほどに負担に感じます。壁に手をついてもうまく力が入らず、足を踏ん張ることもできないので体に力が入らず、ふらついたりしてヒヤリとすることがありました。これが高齢者なら運動能力だけでなく、視力などの感覚器官の能力も落ちてくるためにもっと深刻だと言えます。足腰の弱った高齢者の中には人の手を煩わせたくない、怪我をして迷惑をかけたくないという気持ちから部屋にこもりがちになる人がいます。これでは更に筋力が落ちて動作が困難になるという悪循環に陥り、寝たきりになってしまう可能性もあります。もしも部屋に段差がなかったら。トイレやバスルームなどに手すりがあったら。それだけで高齢者は心身ともに快適で安全に、そして自立した生活を送ることができるのです。
手すりの設置などの簡単な工事から大規模な増改築まで、バリアフリーのリフォームについてなんでもご相談を承っております。用途、要望に合わせてバリアフリーの施工の得意なリフォーム業者を紹介します。まだ早いとお考えの方も将来のためにバリアフリーリフォームについて考えてみませんか。

リフォーム費用比較君とは?

リフォーム費用比較君の4つの強み

ご紹介の流れ

お客様の施工体験談

おかげさまで皆様からご好評をいただいております!

バリアフリーに伴いリフォームしました

この度、主人の両親と同居することになりました。主人の実家を二世帯住宅用に増改築する形で、これから高齢者となる主人の両親のためにも、段差をなくして手すりを随所につけていただくようバリアフリーリフォームを依頼しました。
バリアフリーの知識があまりなかったので、担当の方にたくさん質問をしてしまいましたが、一つ一つ丁寧にお答えいただけました。
ただ、床をフラットにするだけがバリアフリーというわけではなく、滑らない材質のものを使用したり、あったらいいなという場所に手すりやストッパーを提案していただけて、親身になっていただけるのでとても安心できました。
また、会社によってさまざまなリフォーム案を提案していただけたので、自分達の要望に一番合ったものを選択することができたのも、魅力的でした。
リフォームは敷居が高くとても大変と聞いていましたが、今回経験してみて私にとっては楽しく有意義なひと時でした。主人も義両親もきれいで安全度が増した家を見て感動していたのも印象的でした。リフォーム後生活を始めていますが、高齢者ではない私や主人でも、手すりがあることで便利だなと思うことが度々あります。躓きやすかった玄関の段差や、風呂場の脱衣所との境目も解消されたので、快適です。充実した生活を過ごすことが出来ています。

最新情報・レポート

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

0800-805-7780

たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780