リフォーム費用比較君トップページ

最新情報・レポート

バリアフリーのリフォーム費用と注意点

バリアフリーのリフォーム費用と注意点

2017年12月14日

バリアフリーのリフォーム費用と注意点

 

高齢化が進み、1人暮らしのご年配や老老介護も増えてきました。普通に生活しているときには気にならなかった段差やドアでも、思うように体が動かせなくなると不便に感じるようになっていきます。自宅をバリアフリー化にリフォームすれば、車椅子でも移動がしやすくなったり、介護する側の負担を軽減できたりといったメリットがあります。今回は、リフォームをする前に知っておきたい施工費用や注意点などについてご紹介いたします。



バリアフリー化のメリット

普段生活していると気にならない段差も、高齢者や介護が必要な方にとっては大きな障害物になることがあります。廊下に手すりを設置したり、段差をなくして部屋の境目をフラットにしたりすることで、スムーズに生活できる環境をつくる。それが、バリアフリー化のメリットです。


バリアフリーや介護リフォーム考えるきっかけは、介助などが必要になったり、家の不便さを感じたりするときでしょう。しかし、時代とともに考え方も変わっていき、最近は事前にリフォームをしてこれからに備えるという方が増えてきています。


バリアフリー化のリフォームにはさまざまな種類があり、利用する方の希望に合わせて実施することができます。もちろん、必要であれば家全体のリフォームも可能です。しかし、全体をリフォームするにはかなりの金額になってしまいますので、予算や生活スタイルに合わせて検討してみてください。


種類としては、移動や動作するときの支えとなる手すりの設置、段差につまずいて転んでしまわないよう、床をフラットにするリフォームなどがあります。段差をなくすことで、車椅子を利用する方もスムーズが移動できるようになります。


バリアフリー化を目的にしたリフォームは、動作のしやすさが重要なポイントです。扉の枠や間仕切りのレールをなくしたり、廊下を拡張して車椅子移動のためのスペースを確保したりすることで、普段の生活にかかるストレスを軽減することができます。


バリアフリーをした時にかかる施工費用

バリアフリーをした時にかかる施工費用

 

一般的に、バリアフリーのリフォームを部分的におこなう場合、施工費用の相場は10万円から30万円程度といわれています。もちろんリフォームする箇所や家の状態、作業内容によって変動するため、複数箇所リフォームすれば費用も高額になります。


手すりの設置をする場合は10万円未満と安価に済むことが多いでしょう。20万円程度でリフォーム可能な作業は、扉の交換などです。日常生活をしている際に、ドアの段差につまずいたり動作を妨げられたりすることがあるでしょう。また、開き戸の場合は出入りがしにくく、不便に感じる人が多いようです。開き戸を引き戸に変更すれば、段差を解消してスペースも広くとることができます。


お風呂工事や床の張り替えは費用が高くなりがちですが、浴室のバリアフリー化は依頼の多い作業です。浴室は転倒して頭や体をぶつけてしまったり、寒い時期の温度差によって不調を起こしたりしやすい場所です。工事では床材やユニットバスの変更、浴室乾燥機や暖房設置によって快適な環境にすることが可能です。


家を全面的にバリアフリー化する場合は、100~200万円以上の高額な費用がかかるでしょう。必要であれば自宅にエレベーターを設置して移動を便利にすることもできます。予算に合わせてリフォームの計画を立てましょう。


保険や助成金の制度が利用できる

先ほど、バリアフリーのリフォームは、内容によって費用が異なることをご紹介しました。大掛かりなリフォームをしたい場合は、どうしても費用が高くなってしまいます。リフォームの目的によっては保険や助成金を利用できる場合があるので、その仕組みを確認してみましょう。


介護保険制度には、最大で20万円まで、リフォームにかかる費用の9割程度を補助してもらえる「高齢者住宅改修費用助成制度」があります。自己負担は1割で済むため、リフォームをおこなう際にぜひ利用しておきたい制度です。受給の条件は「要支援、要介護」の方、被保険者証とリフォームする家の住所が同じで、本人がそこに住んでいる場合です。


対象者が要介護であることは前提として、あくまでも介護のためにバリアフリー化をするということが重要です。50歳以上の方や高齢者と同居している方も補助金を受け取ることができますが、誰でも制度を利用できるということではありませんので、注意してください。


給付対象のリフォーム内容は、手すりの設置や段差の撤去、廊下や床の材料の変更、扉や便器の種類変更などです。その他の条件や不明点を確認したい場合は、介護支援の職員の方に問い合わせてみるとよいでしょう。また、高齢者だけでなく、障害者の助成制度を利用できる自治体もあります。


バリアフリーを行うときに気をつけたいこと

バリアフリーを行うときに気をつけたいこと

 

「助成制度を利用したとしても、できるだけ費用を抑えたい」。そのように考える方もいらっしゃるでしょう。もちろん、バリアフリーにするために必ず大掛かりな工事をしなければならない、というわけではありません。本当に必要なことを見極めてリフォームをおこなうのが大切です。


ただし、費用を抑えたいばかりに必要な作業を削ってしまうと、リフォームによって逆に不便な環境になってしまうこともあるのです。介護を受ける人や介護をする人がケガをするような事態を避けるためにも、リフォームをおこなう際にはしっかりと計画を立てましょう。


後から追加でリフォームをすると手間も出費も増えてしまいます。事前に計画を立てておくことで、何度もリフォームを重ねるより費用を抑えることができるのです。まずは、実施する前にケアマネージャーに相談しておくとよいでしょう。


自分で計画しただけでは、完成した後に不備があることも考えられます。たとえば手すりを設置するだけの作業でも、どれくらいの位置でどの箇所に取り付けるのかを決めなければなりません。そのため、専門知識やさまざまな情報を持つケアマネージャーに相談することをおすすめします。


まとめ

バリアフリーのリフォーム内容も費用や目的によってさまざまな種類があります。実施する前に信頼できる専門家に相談をして、リフォームの計画を立ててください。また、「高齢者住宅改修費用助成制度」で助成金を受け取ることができるため、条件に合う方は積極的に利用しましょう。自宅をバリアフリー化することで、転倒やケガなどの事故防止にもつながります。制度を活用しながら、希望に合わせたリフォームを実現してください。

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

0800-805-7780

たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780