リフォーム費用比較君トップページ

最新情報・レポート

古民家リフォーム費用はいくら?注意点は何か

古民家リフォーム費用はいくら?注意点は何か

2017年12月14日

古民家リフォーム費用はいくら?注意点は何か

 

近年では古民家のリフォームやリノベーションが注目を浴びています。古民家をリフォームすることで昔ながらの趣を残しながら、時代に合わせた住居をデザインすることができるのです。しかし古民家のリフォーム費用は住居の状況や自分の目的によって異なります。今回は古民家のリフォーム費用だけでなく、リフォームによって生じるメリットやデメリットをいくつかご紹介します。リフォームする上で気を付けたいことも知っておくことで、問題を未然に防ぐことができるでしょう。



古民家のリフォーム費用はどれぐらい?

古民家の賃貸物件は、需要に対して物件数が少ないという状況です。現在では古く老朽化した古民家であっても、リノベーションすることで収益を上げることができるでしょう。


古民家をリフォーム・リノベーションする際の費用相場は、古民家の状態や改修度合によって変化します。安価で済む場合でも300~500万円を目安にしておくとよいでしょう。古民家は平屋の場合でも建築面積が広い傾向にあるため、解体処分費用や内装工事費用を合計すると相場は高額になります。柱や梁などの構造物が劣化していた場合は修繕も行わなければいけなくなり、素材やデザイン、設備にこだわると1,000~2,000万円を超えることもあるため理解しておきましょう。


古民家リフォームのメリット

古民家リフォームのメリット

 

古民家をリフォーム・リノベーションする場合の主なメリットは、「材料の強度」「資源の保護」「固定資産税の軽減」「デザインに独自性を出せる」などが挙げられます。


古民家の柱や梁などの材料には樹齢100年のヒノキやケヤキが使用されていることがあります。ヒノキは伐採されてから100年後に最も強度が高くなり、200年、300年は強度が維持されます。強度が落ちるのは1200年程からと言われており、ケヤキの場合は800年程からです。


古民家は築年数が古いからという理由で強度を心配する必要はほとんどありません。古民家に使用されている柱や梁は、現在入手が困難なため相当な費用がかかります。古民家の強度と材料の希少性がメリットの1つです。


柱や梁などの材料は再利用することができるため資源の保護にも繋がります。環境に優しいため、環境保全にも効果的です。シックハウス症候群やアトピー、アレルギーなどの原因物質を含む材料も使用されていないため身体的な心配も必要ありません。古民家の構造上結露が発生しにくいため、湿気が原因のアトピーやアレルギーを発症する可能性も低いです。


固定資産税は築後年数により税額が決まるため、新築物件よりも古民家は固定資産税を減らすことが可能です。しかし増築の場合は評価の見直しが行われるため注意しなければいけません。固定資産税は自治体によって解釈の違いがあるため、リフォームを行う際は最寄りの自治体に問い合わせすると良いでしょう。


古民家には日本の伝統的な木造建築が持つぬくもりや懐かしさがあります。長年使用されてきた太い柱や梁を使用することで年代を感じさせる住まいを造ることできるでしょう。古民家の良さを生かすことで、自分だけの物件を生み出すことが可能です。


古民家リフォームのデメリット

古民家のリフォーム・リノベーションにはメリットだけでなくデメリットもいくつかあります。古民家は風を建物全体に巡らすことのできるような構造になっているため、夏は快適に過ごすことができますが、冬場は寒さをより感じてしまうことがあります。そのため古民家をリフォームする際は暖房や断熱への対策をしておくと良いでしょう。


古民家の耐震性に関しても注意が必要です。古民家は耐震基準が制定される前に建てられているため、基準を満たしていない可能性があります。しかし、古民家には建築当時の耐震補強がされています。そのため現代と方法は異なりますが耐震性が低いとは言えません。それでも見えない部分が割れていたり壊れている場合があるため、古民家に詳しい専門家に相談し、耐震診断を受けるようにしましょう。


古民家のリノベーションの費用が、新築を建てるよりも高くなる可能性もあります。材料に関連する費用が予想よりも高くなり、材料へのこだわりを見せると希少性の高さから高価なものが必要になってしまうのです。購入した材料のあく抜きやしみ抜き、日焼け落としなどの作業費や、既存の材料との統一感を出すための塗装費も必要になるため、費用が高額になる恐れがあるため注意しましょう。


リフォームをするうえで気をつけたいこと

リフォームをするうえで気をつけたいこと

 

古民家をリフォーム・リノベーションする際は、耐震改修の方法に気を付けてください。現代の耐震補強がされていない古民家も中にはあります。古民家が建てられた当時と現代では耐震に関する考え方や手法が異なるため、無理に現代の方法を古民家に取り入れてしまうと強度を落としてしまう恐れがあるのです。リフォームする際には古民家に関する知識を持つ建築士や、古民家鑑定士などの資格保持者に耐震診断を依頼しましょう。古民家の耐震補強を行う際には、古民家独自の耐震方法を生かしながら施工するよう注意してください。


古民家の屋根には日本瓦が使用されていることがあります。日本瓦屋根の外見は重厚感があり、古民家の良さの1つです。しかし日本瓦は屋根材の中でも重量が重いため地震との相性があまり良くありません。屋根の重い家は地震の揺れを受けやすくなるため、壁や柱に強い負荷が掛かってしまいます。


古民家が瓦屋根の場合は、物件の耐久性を優先しガルバリウム鋼板や化粧ストレートなどの軽い屋根材に取り替えることがあります。しかし屋根の取り替えは屋根リフォームの中でも高額な方法であるため、リフォームする際には自分の状況や目的に合わせて決めるようにしましょう。


まとめ

古民家をリフォーム・リノベーションする際の費用は建物の状態や、自分の目的によって異なります。老朽化が激しい場合や、デザインにこだわりたい場合はリフォームに掛かる費用も高くなることを理解しておきましょう。古民家のリフォームにはメリットとデメリットも存在するため、それぞれを理解した上で検討してください。いくつかの注意点も把握しておくことで建築後のトラブルを防ぐこともできるでしょう。

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

0800-805-7780

たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780