リフォーム費用比較君トップページ

最新情報・レポート

アイランドキッチンの特徴とリフォーム費用

アイランドキッチンの特徴とリフォーム費用

2018年03月28日

アイランドキッチンの特徴とリフォーム費用

 

お料理をするときに使うキッチンですが、基本的に毎日使うものなので、キッチンへの理想やこだわりもある方もいるのではないでしょうか。

 

従来型のキッチンを使っているとき、「ここがこうだったらもっと効率よく料理できるのに…」などのお悩みや不満をお持ちであれば、アイランドキッチンへリフォームをすることで改善できるかもしれません。キッチンにこだわりがある方はオシャレな空間にしたいなどの願望も出てきます。

 

そのようなお悩みから、リフォームをしたいと考える方も多いです。しかし、リフォームしたいけど、費用もかかるし知識もないから何から手をつければいいのかわからない…と諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、アイランドキッチンの特徴から設置した場合のメリットでメリットをご紹介。また、気になる費用相場についても徹底解説いたします。少しでもリフォームについて知識をつけることによって、リフォームをする際、役に立つかもしれません。

 

 

 

 

アイランドキッチンとは?

アイランドキッチンとは、キッチンと壁がくっついていない構造のものです。どの方向からも出入りができるため、キッチンに移動する際に遠回りすることなくキッチンに出入りすることができます。壁とくっついていないので開放感もあります。

 

キッチンの種類には、ペニンシュラ型やアイランド型、I型キッチンやL型キッチンなど様々な形があります。

 

・従来のキッチンとの違い

ペニンシュラ型のキッチンとは、従来からあるキッチンの一部が建物の内壁にくっついている状態のキッチンのことをさします。ペニンシュラとはラテン語由来の名前で、日本語でいえば半島を意味します。

 

ペニンシュラ型のキッチンは、どこにも接しないアイランド型のキッチンよりも設置時に面積を取りません。そのため、一般的にはペニンシュラ型のキッチンをご利用のご家庭が多いのではないでしょうか。

 

アイランドキッチンは、壁とくっついているペニンシュラ型のキッチンとは違い、どの方向からも出入りすることができるので、キッチン以外の場所から行き来する際も出入りするために遠回りをする必要がないので動きやすいです。

 

セレブなどが使っていることも多く、開放感もありオシャレで高級なイメージがあります。大人数を招く際に周りを見渡せるので、コミュニケーションを取りながらお料理することもできます。キッチンにこだわりを持っている、よく料理をするという方に選ばれることが多いのがアイランドキッチンです。

 

 

・マンションでもリフォーム可能

実は、マンションでもアイランドキッチンへのリフォームが可能です。ですが、いくつか注意する点や確認することがあるので、注意点をふまえたうえで検討しましょう。

 

まず、アイランドキッチンにするとなると、どうしても設置する面積の確保が必要です。基本的には、ダイニングと合わせて10帖ほど確保が必要といわれています。

 

そのため、一般の戸建住宅と比べて狭くなりやすいマンションでは、アイランドキッチンの設置が難しいケースもあります。ぎりぎり施工できたとしても、室内が狭くなってしまうことも考えられるので、ご自宅スペースを考慮して設置した方がよいでしょう。

 

また、賃貸住宅の場合は、管理人、家主へリフォームをしてもよいか問い合わせる必要があります。無断でのリフォームはトラブルを招く原因になってしまうので慎重に進めるようにしましょう。

 

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンのメリット

 

アイランドキッチンにすることによって得られるたくさんのメリットがあります。

 

  • ・どの方向からも出入りができるので渋滞することがなく通りやすい
  • ・お子様など複数人で料理するときに作業しやすい
  • ・開放感があり全体が見渡せる
  • ・食事会など大人数を招くときにコミュニケーションを取りながら料理ができる
  • ・オシャレなので、料理しているときの気分もあがる
  •  

    などのメリットがあります。

     

    アイランドキッチンのデメリット

    一方で、アイランドキッチンにもデメリットもあります。

     

  • ・広いスペースの確保が必要
  • ・価格が高い
  • ・キッチンが丸見えなのでお掃除やお手入れをこまめにする必要がある
  • ・壁などの塞ぐものがないため臭いが広がりやすい
  •  

    などのデメリットもあります。

     

    収納スペースが鍵? リフォーム前に確認しておくべきこと

    収納スペースが鍵? リフォーム前に確認しておくべきこと

     

    アイランドキッチンにする場合は、引き出しや棚などできるだけ多くの収納スペースがあるものを選ぶと便利でしょう。

     

    内壁に接している従来型のキッチンに比べ、アイランドキッチンはキッチン自体の収納以外、ものをしまえるスペースが少ないものが多いです。

     

    食器などが多いご家庭にとって、収納スペースが少ないと困ります。収納しきれない場合キッチンとは別に収納するための棚などの家具も必要ですし、その面積の確保も費用も必要になってしまいます。ご購入する際は、どれだけ収納スペースがあるか確認しておくようにしましょう。

     

    ・リフォーム可能な構造なのか確認が必須

    リフォームをするにあたり、面積の確保やリフォーム可能な構造になっているかなどの確認することが必要です。基本的には、ダイニングと合わせて10帖ほどの面積の確保が必要です。

     

    また構造によっては、電気・ガス・水道などの工事も必要になるので、ご自宅のキッチンはどういった構造なのか事前に確認しましょう。構造によってリフォームの費用も変わってきます。

     

     

    ・戸建住宅でも制約が発生することがある

    戸建住宅でリフォームする際も工法の違いによって制約が発生することもあるので、確認を取りましょう。ご自宅のキッチンはどのような工法になるのか事前チェックが重要です。

     

    アイランドキッチンの費用の相場は?

    アイランドキッチンの費用の相場は?

     

    アイランドキッチンにリフォームをする際に必要な費用は、移動する必要のある個所や工事が必要な場合などによって変動します。そのため、どのような工事が必要か把握しておくと、およその費用を知ることができます。また、依頼する業者によってもお値段が変わります。

     

    ・キッチン自体を移動する場合はとくに高額になる

    システムキッチン本体を変えるだけでなく、キッチン自体を移動する場合は、とくに費用は高額になります。移動させるために、様々な工事が必要になるためどうしても高額になってしまいます。

     

     

    ・本体価格以外にも付随工事が発生

    リフォームする際、本体の価格だけでなく、電気・ガス・水道などの工事も必要になるため、その費用も発生します。工事場所や部分によってお値段も変わります。

     

     

    ・グレードとオプション品が金額を左右する

    リフォームする際にグレードやオプション品によって金額が変わります。グレードには、一般的なスタンダードグレードや高級なハイグレードと種類があります。一般的にスタンダードグレードでは、天板やシンクにステンレス素材が使われることが多いです。

     

    一方、ハイグレードでは、天板はセラミック、シンクやカウンターは人造大理石などの高級な素材を選ぶことができます。キッチンにこだわりがある方は、ハイグレードにすることが多いです。もちろん費用はかかってしまいますが、高級な分汚れや傷がつきにくい素材が多く、お掃除やお手入れも楽になります。

     

    まとめ

    リフォームをするにあたり、抑えておいたほうがよいことがたくさんあります。リフォームをするには多くの費用も必要です。リフォームするのであれば、快適で居心地の良い空間をつくりたいです。

     

    リフォームをすることによって、家族でのコミュニティが増えたり、お料理の効率がよくなったりと日々楽しく過ごすことができそうです。

     

    リフォームをする際、ご自身ではわかりきれない部分も出てきます。その際は、リフォームのプロに相談することによってお悩みが解決するかもしれません。

    CM

    私たちが24時間365日サポートいたします!

    0120-949-066

    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • たまがわ
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら

    弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

    情報漏洩対策 情報対応万全

    たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    ページの先頭へ

    0800-805-7780

    たいせつにしますプライバシー

    プライバシー対策も万全です

    スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

    0800-805-7780