リフォーム費用比較君トップページ

最新情報・レポート

トイレのリフォームをしたい!気になる期間や費用・人気のデザイン

トイレのリフォームをしたい!気になる期間や費用・人気のデザイン

2018年05月04日

トイレのリフォームをしたい!気になる期間や費用・人気のデザイン

 

トイレのリフォームをしたいが、知識がなく困っているという方もいるのではないでしょうか。トイレは、来客が出入りすることもあり、家の雰囲気がみえる場所ともいわれています。雰囲気を変えたいとこだわりをもっている方や、トイレ内の何かが故障してしまったことをきっかけにリフォームを考える方が多いです。

 

トイレのリフォームは、比較的費用が多くかかるので慎重に検討することが大切なのです。この記事では、リフォームをする前に知っておくべきことや気になることの解説をしていきます。また施工内容や費用などの具体的な部分も紹介していきます。

トイレのリフォームをするうえで気になることや注意点

トイレのリフォームをしたいと考えている方が抱いている疑問を解説していきます。トイレのリフォームする前、特に気をつけておきたいこともご紹介しますので念頭に置いておきましょう。

 

トイレのリフォームタイミングは?

トイレの交換は、設置から20年程のタイミングがいいでしょう。便器の耐用年数はヒビが入ったりしない限り100年以上といわれていますが、部品や配管は10年や20年ほどで寿命がきてしまいます。交換をするタイミングで最新のものや、自分に合った形にリフォームをされる方が多いです。

 

そして、トイレ内の何かが故障してしまったり、ライフスタイルが変わったりするタイミングでリフォームする方もいます。シャワートイレが動かなくなってしまったなどの、不具合や故障がリフォームのきっかけになることもあります。

 

また、結婚や出産などライフスタイルが変わるタイミングでリフォームされる方も多いです。お子様にも使いやすいような配置や設備にリフォームすることで、子育てもさらにしやすくなるでしょう。

 

期間はどのくらい?

施工期間は、作業内容によって変わります。トイレ本体の取り換えのみでしたら、半日から1日で終わることが多いです。しかし、他の設備の位置を大きく移動させる場合など内装工事を行う場合は、施工期間が長くなります。

 

自分でもリフォームできる?

作業内容によって異なりますが、素人が行うには困難といえるでしょう。トイレ内の壁紙を変えるなどのリフォームでしたら自分でもできるかもしれません。しかし、トイレ本体の交換などは配管などを取り扱う必要があるので、素人が行うには困難な作業です。安全のためにも業者などのプロに依頼することをおすすめします。

 

トイレ本体以外のリフォームもできる?

トイレ内には、トイレ本体だけでなくリフォームできる箇所がさまざまあります。たとえば、手すりを取り付けるなどのバリアフリーにリフォームをする方もいます。お年寄りの方と一緒に住んでいる場合や、お子様がいるご家庭に人気のリフォームです。

 

また、壁を移動させて広くしたり、トイレットペーパーホルダーの位置を移動したりするなどのリフォームをすることができます。上記のようにトイレ本体の交換だけでなく、過ごしやすくするためにリフォームをすることもできるのです。

 

施工前にしておくことはある?

リフォーム前にトイレ内の整理整頓やお掃除をしておくといいでしょう。整理整頓をしていないと作業しにくい環境になってしまい、業者の方に迷惑をかけてしまいます。

 

また、リフォーム後のイメージを膨らませて理想の形を説明できるようにしておくといいでしょう。業者の方は本人の指示がないと作業することができないので、決まっていないと時間がかかってしまいます。施工内容や移動させる位置を決めておきましょう。以上のことを事前に行っておくとスムーズにリフォームすることができるかもしれません。

 

トイレのリフォームの費用は?

トイレのリフォームの費用は?

 

どのくらいの費用がかかるの?と気になっている方も多いのではないでしょうか。トイレのリフォームをする際の費用についてご紹介します。

 

施工場所によって異なる

トイレのリフォーム費用は、施工場所や内容によって異なります。上記でも紹介したように、トイレ内にリフォームすることのできる場所はさまざまです。トイレットペーパーホルダーを移動したい場合でご紹介します。トイレットペーパーホルダーを移動する場合、新しく設置するとともに、もともとあった箇所の壁の穴をふさぐ作業も必要となります。そのため、設置以外にも費用がかかる場合もあります。

 

設置するデザインで異なる

リフォームをする際にかかる費用は、設置するデザインなど製品によって変わります。施工してもらう費用だけでなく、設置する本体を購入しなくてはなりません。購入する商品によって料金も変動するのです。トイレ本体を交換する場合、ブランドや設備内容によって本体料金が違います。トイレ本体のデザインは、タンクのあるものとないものの2択で悩む方が多いです。

 

簡単にいうと、トイレ本体の後方に手を洗う設備の有無です。近代では、コンパクトでトイレを広く見せることのできる、タンクのないトイレが人気です。タンクのあるトイレは水を流すたびにお手洗いの水道から流れた水をタンクにためていきます。手を洗った水をそのままためてくれるので水を無駄なく使うことができるのです。

 

タンクのないタンクレストイレは、トイレ内を広く見せてくれることが人気の理由だと考えられます。見た目はオシャレですが、手をすぐに洗うことができないというデメリットがあります。トイレ内で手を洗うためには、手洗い器を設置する必要があるため費用も高くなってしまいます。こだわりをもってオシャレに見せるか、費用を抑えることを重視するかが決め手となるのではないでしょうか。

 

業者の選び方

業者の選び方

 

業者を選ぶ際にどんなことに気をつけるべきかポイントをご紹介します。

 

事前に現地調査をしてもらう

リフォームを考えている方は、事前に現地調査をしてもらいましょう。無料で見積りをしている業者もあり、複数の業者に依頼することで比較することができます。しかし、安いだけで決めてはいけません。追加料金が後にかかってしまうケースもあります。きちんと確認しましょう。また、現地調査をしてもらうことで、リフォーム後のイメージも膨らませることができるでしょう。

 

アフターサービスの有無

施工してもらった後に不具合が起きてしまったなどという体験談があります。そのときに、アフターサービスがついていないと修理に料金がかかってしまいます。業者によってアフターサービスがついているところがあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。アフターサービスがついていれば、無料で対応してくれるので安心です。

 

資格を持っている

トイレのリフォームを依頼する際は、「給水装置工事事業者」の資格を持っている業者を選ぶと安心です。給水装置工事事業者とは、給水設置工事を適切に行うことのできる人が持っている資格です。配管など水を取り扱うリフォームをする場合は、給水装置工事事業者を持っている業者に依頼すると安心して依頼できるでしょう。

 

まとめ

トイレのリフォームを考えている方は、業者依頼する前に知っておくべきことや注意すべきことがあります。トイレのリフォームには、バリアフリーを設置するなどさまざまな施工内容があります。事前にイメージしておくことで、業者に依頼する際に伝えやすくなるかもしれません。いろいろインターネットなどでイメージを固めておきましょう。

 

そして、業者を選ぶ際はアフターサービスの有無や資格を持っているか確認すると安心です。業者の数も多く迷ってしまいますが、業者を選ぶポイントを知っておくことで安心してリフォームを任せられるでしょう。

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

0800-805-7780

たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780