衣類などをキチンと収納するために納戸をリフォームしましょう!

一括お見積りはこちら

衣類などをキチンと収納するために納戸をリフォームしましょう!

pic89

家が使いにくくなって困っていることの中に、収納不足をあげる人は少なくありません。特に衣類などは元々あったクローゼットに入りきらず、納戸にまでしまいきれない衣服や小物などがあふれかえっているという悩みも多く寄せられます。
どこの家にも納戸というスペースは元々ある場合が多いのですが、この納戸が使いにくいと、物をただぎゅうぎゅうと詰め込む場所になり、結局はしまいっぱなしの使わないものの置き場になってしまうケースがよくあります。収納の問題はただスペースを増やすだけでは解決になりません。しまいやすく取り出しやすいという収納の基本に沿った空間にしなければ、結局またモノがあふれかえることにつながります。リフォームで納戸を使いやすくしたいという希望があるなら、まずは何をどれくらいしまえるスペースにしたいかをしっかりと分析してみることです。寝室から続く部分に設けられた納戸は、リフォームの時に小さな窓を取り付けて通風を確保したウォークインクローゼットにするのもおすすめです。衣類などをきちんとしまえる快適な収納空間になります。収納のリフォームに関する要望や困っていることなども、遠慮なくご相談ください。リフォームに関するどんなに小さなこともスタッフが丁寧にお答えし、信頼できる業者をご紹介いたします。

リフォーム費用比較君とは?

リフォーム費用比較君の4つの強み

ご紹介の流れ

お客様の施工体験談

おかげさまで皆様からご好評をいただいております!

納戸をリフォームしてクローゼットに!

我が家は寝室を出てすぐの所に4.5畳くらいの広さの納戸があるというおもしろい作りです。寝室に充分な収納スペースがないので、毎日着るような最低限の洋服だけを寝室に置いて、礼服や他の洋服はそちらの納戸にしまってありました。しかし、家を建ててから結構な年月が経過していたので、納戸の中の壁紙が汚れてきたり、なんとなく湿気くさくなったりしている点が気にかかり始め、リフォームする事にしました。どの業者さんをお願いしたら良いのかわからなかったので、インターネット等で調べてリフォームの実績の多数あるこちらの会社に業者さんを紹介していただきました。最初は納戸だけをリフォームする事を考えていたのですが、業者さんと話をしているうちに、「この際だから、納戸と寝室を一つにつなげて、納戸部分をウォークインクローゼットにしよう」と考えるようになりました。確認すると、施工も問題なく出来るということで、見積もりの結果も大丈夫でしたので、そのようにリフォームをお願いしました。実際に作業が終わり、出来上がったクローゼットを見てみると、壁紙などもしっかり貼り合わせてあり、とても丁寧に作業をしていただけた事がよくわかりました。今では洋服を選ぶのもしまうのも楽になりましたし、主人も自分で服を選ぶようになって少し驚いています。お世話になりましてありがとうございました。

最新情報・レポート

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

0800-805-7780

たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780