リフォーム費用比較君トップページ

最新情報・レポート

どれくらいで不具合が出てくるのか

どれくらいで不具合が出てくるのか

2016年06月08日

リフォームをしてより良い暮らしを目指そうとは思ったものの、いったいどの時期にリフォームをして良いのか分からないかと思います。この時にリフォームをしても良いのだろうか。無駄ではないのだろうか。リフォームの費用を考えて、無駄ではないかと不安になるのではないでしょうか。しかし、ある程度の目安のようなものがあればリフォームの決心もつきやすいです。そのために今回は家がどれくらいで不具合を起こすのかをご説明します。家の中でも頑丈なのは屋根です。良い屋根であれば20年近く維持をすることができます。外壁も塗装などにもよりますが、10年から20年が多いようです。家の中の場合はおおよそ10年くらいを寿命と考えると良い場合が多くなっています。水回りのものも電気設備も10年くらいが寿命となっていますので、それくらいに一度小規模なリフォームを考えると良いです。一部分だけではなく全部をリフォームする場合は20年に一度リフォームをすると良いでしょう。屋根や外壁を含め、すべてを一度にリフォームしてしまうのです。20年経過すると屋根や水回りなどの設備だけではなく、家のその他の基礎部分や柱などにも劣化が目立ってくるために、既に20年を経過している場合は一度業者に調べてもらうと不具合がいくつか発見されることでしょう。不具合が見つかったのであれば、それをリフォームして改善するのです。小規模のリフォームであれば10年を考え、一度にリフォームをする場合には20年の時間を考えておくと良いです。このように不具合が出てくる時期を考えておくと、リフォームの決心もしやすいでしょう。もちろん時間だけではなく、皆さまが生活の中で感じられている実感で不具合があると感じたのであれば、年数に関係なくリフォームをすることも問題ありません。不具合が出るタイミングは1つの目安としてお考えください。

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

0800-805-7780

たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780