メンテナンスとしてリフォーム

2016年08月24日

住宅設備を最新のものにしたり、傷みすぎた床や壁などを新しくしたりするリフォーム。リフォームを行う目的としては、大きく2つあります。1つめは、メンテナンスのため。2つめは暮らしをより良くするため。今回は、メンテナンスのためのリフォームについてご紹介します。住宅内にはキッチンや浴室などの水回り設備があり、場所ごと、設備ごとに耐用年数や修繕周期というものがあります。一般的には、水回りは15年ほど、外壁塗装なら10年ほどなどです。この時期を目安としてリフォームを行うことで、住宅全体の寿命を延ばすことに繋がります。設備が壊れてしまってからリフォームに踏み切っていては、しばらく設備が使用できずに不便な状況になります。メンテナンスが必要となる時期を把握しておくことで、早い段階で手を打つことができるでしょう。また、耐用年数や修繕周期というのは、住宅の構造、使用されている建材、立地条件、天候などによっても変わります。適した時期を見極めるためには、独断で決めずにリフォーム会社に相談してみることが大切です。リフォームを行うことを決めたら、施工費用の見積りをとって、予算に合うか、どのような工程でリフォームを進めるのか確認しましょう。

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

0800-805-7780

たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780