リフォームは高齢者にもやさしい

2016年05月02日

リフォームをする理由は様々ありますが、より暮らしやすく快適にするために行うものである事は共通ですね。高齢化社会が加速する日本ですので、高齢者に対応したリフォームを行うお宅も多くなってきました。高齢者が生活する空間を考えた時、どのような事に注意するべきなのでしょうか。高齢者は身体の可動部分が小さくなってくるため、小さな段差でもつまづいてしまう事が多くなります。家の中であっても転倒することによって、骨の弱くなっている場合には、骨折など大きなけがにつながります。こういった段差をなくすことが、バリアフリーの第一歩であると言えます。そして、立ったり座ったりする場所であるお風呂場も安全であることが必要です。浴槽は底の部分が滑りやすくなるため、滑りにくい素材を使用する、しっかりと掴める手すりを付けることが大切です。また、冬場温かい部屋から寒い浴室に入る事で起こる、ヒートショックが多発しています。ヒートショックとは温度の急激な変化により、脳梗塞、心筋梗塞など身体に悪影響を及ぼすことを言います。この温度変化を和らげるために、浴室を温かくする機能が付いたお風呂があります。お風呂のリフォームは、現在の風呂場の広さなどに合わせて色々と選ぶことができます。リフォーム業者では、様々なお風呂の提案をしていますので、ご希望のお風呂を伝えてみましょう。少し体が不自由になっても、毎日のお風呂がこういった安全で高機能なものになれば、明るい気持ちでゆったりと楽しむことができますね。

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

0800-805-7780

たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780