和室から洋室へのリフォーム

2017年08月29日

近年では、部屋の様式を和室から洋室にリフォームする人が増えています。理由としては、ライフスタイルの変化が多いようです。
和室は昔ながらの趣があったりなどの良い面がある反面、空間的な理由、畳の長期使用による劣化やカビやダニが発生したり、衛生的に維持・管理のメンテナンスが大変という欠点があります。また、車いすなどでの生活では、畳よりもフローリングの方が移動もスムーズになるという点も挙げられます。
和室を希望する理由としては新築に一室は欲しいという声もあります。日本の文化としてあえて和室の部屋で日本らしさを出すために、外国人がよく利用する民泊サイトや商業目的などでは、畳やふすま、卓袱台などを和室空間の演出として使う場合もあります。

和室から洋室にリフォームするうえでの注意点がいくつかあります。
そもそも和室と洋室は構造が違い、畳からフローリングへの張り替えの時に補強や段差の修正が必要となるため、畳を撤去してすぐにフローリングを張れるわけではありません。よって、リフォームする際は何社かの業者からリフォームの費用の見積りをとり、金額や自分の家にあった提案をしてくれる業者を選択することで、より安心で納得のいくリフォームが可能となるでしょう。

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

ページの先頭へ

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780