リフォーム費用比較君トップページ

最新情報・レポート

終の棲家としてのリフォームと、相続を考えたリフォーム

終の棲家としてのリフォームと、相続を考えたリフォーム

2017年01月11日

二世帯同居にせよ、自分達だけにせよ、子供がいれば今の家を最終的にどういう処分にするかということは重要なポイントです。
相続無しで、自分達がこの世を去ったあとは解体して更地にし、新しく家を建てるなり、あるいは土地ごと売り払うなりをお子様達に願うのであれば、リフォームも終の棲家として特化したものにすることも出来ます。
減築して必要最低限の家の広さにしたり、車椅子でも使える洗面台や浴室、トイレにすることはもちろん、寝室を昇り降りの少ない1階に移したりするのも必要になります。
しかし、家をそのままお子様に相続させるのであれば問題は難しい点があります。高齢者用の設備ばかりを入れてしまうと、あとから使う若い世代が不便に感じないとも限りませんし、間取りが狭くなってしまうと人数が増えるのに対応できない場合があり、せっかく綺麗にリフォームしても、またリフォームが必要になったり、あるいは短期間で使わなくなってしまうことも考えられます。
リフォームは、一度行なうとその後長期に渡って使用することになる設備がたくさんあるので、ご家族同士でしっかりと話し合って行なうのが大切だとよく言われています。
もちろん、ご家族だけでは結論が出ない場合は、リフォームのプロへご相談になるのも良いでしょう。
その際は当サイトより、リフォーム会社の一括見積もりを行っていただき、費用面などをよく見比べて頂くと良いかもしれません。

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

ページの先頭へ

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780