リフォーム費用比較君トップページ

最新情報・レポート

誰もが使いやすいお家を目指しましょう

誰もが使いやすいお家を目指しましょう

2016年02月22日

リフォームを行なうことで住んでいるお家の中をより良いものに作り変えることができますが、リフォームをした後は自分だけが使いやすいお家にするのではなく、お家に住んでいる全員が使いやすいお家にすることが重要です。誰もが使いやすいお家を目指すにはバリアフリーの考え方を導入するのが良い方法です。バリアフリーとはさまざまな障壁を取り除くことです。バリアフリーの考え方を導入したお家は、段差を無くすなどして誰もがお家の中で安心して安全に住むことができるようになります。具体的なリフォーム方法には、お部屋の廊下に手すりを取り付けたり、階段の段差を緩やかにするなどの方法が挙げられます。特にお家の中の階段はスペースを確保するために傾斜が急になっていることも多く、足を踏み外して転落してしまうと大怪我になってしまいます。またお部屋とお部屋の間にある段差を無くすことでつまずいて転倒する事故を防げるようになります。お家の中にあるドアは一般的な開き戸から引き戸にすることでより小さな力で開け閉めができるので便利です。このようにバリアフリーの考え方を導入したリフォームをすると、誰もが使いやすいお家になります。リフォームを行なうときは業者の方としっかり相談しながら進めていきましょう。

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

0800-805-7780

たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780