階段のリフォーム

2015年09月24日

建てた当初はあらゆる要望を盛り込んだ家であっても、時代を経ることによって、建材が老朽化して使いづらくなるなどの物理的な不便や、「ここに手すりがあれば・・・」「もう少し広ければ・・・」という精神的な不便が出てくるのは仕方ないことかもしれません。ではそのような不便な家は建て替えるしかないかというとそうではありません。『リフォーム』という手法を使えば、少しの修繕で不便さが解消されることもあります。どこをリフォームするかは様々ありますが、今回は「採光」のための階段リフォームについてご紹介したいと思います。 ◆らせん階段のリフォーム 敷地に余裕がない場合、通常の階段ではスペースを多く占有してしまうことがあります。そのような住宅では「らせん階段」を採用するケースも少なくありません。らせん階段は、一般に折り返しや踊り場のスペースが省けるので、少ない平面面積で設置するのに有効です。現在の直線階段をらせん階段にリフォームすることで、より上階の光を取り入れ易くなるので、下階の採光を増やすことが出来ます。また、蹴込みを無くしたり、踊り場部分を半透明のポリカーボネートにすることでも更に明るくすることが可能です。 光が増えるだけでも、空間を快適に感じる度合いは変わってきます。階段のリフォームも、本サイト「リフォーム費用比較君」までお気軽にご用命ください。

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

0800-805-7780

たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780