リフォーム費用比較君トップページ

最新情報・レポート

ベランダをリフォームしたい!費用と快適なベランダのポイントご紹介

ベランダをリフォームしたい!費用と快適なベランダのポイントご紹介

2018年09月21日

ベランダをリフォームしたい!費用と快適なベランダのポイントご紹介

 

そろそろ家をリフォームしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。長年同じ家に住んでいるとどうしても老朽化は進んでしまいます。実は、とくに老朽化が激しい場所はベランダであるのです。リフォームにベランダを選択することで、家の安全性を高めるほかにも、家の外観を変えることができます。今回はベランダのリフォーム費用から、ベランダのリフォームを成功させるために注意するべきことについて紹介します。

 

 

ベランダのリフォーム費用。ズバリ気になるお値段は?

リフォームにベランダを選んだとき、設置費の相場費用はいくらかかるのか気になりますよね。ここではケース別にベランダのリフォーム費用の相場についてご紹介します。

 

  

新しく作る場合

   

ベランダが設置されていなかった場所にベランダを新しく作る場合、費用の相場は約32万円~50万円です。後付けのベランダの一般的なサイズは、約幅180㎝×奥行90㎝のサイズです。このサイズのベランダであればプランターなどの物を置いたとしても歩行スペースを確保することができるため、洗濯物を干すスペースとして十分利用することができるでしょう。

 

新設するベランダをウッドデッキにすれば、高級感のある雰囲気を家の外観に加えることができます。床だけをウッドデッキにリフォームするときは約40万円~60万円が費用の相場です。手すりもウッド調に交換する場合は約50万円~85万円が相場になります。

 

広くする場合

    

今設置されているベランダを拡張して、広々とベランダを使用したいと考えている方もいらっしゃるでしょう。今あるベランダにデッキバルコニーをつなげることでベランダの拡張が可能になります。約幅180㎝×奥行90㎝の一般的なバルコニーのサイズから広くしたい場合、工事費込みで約30万円~40万円が費用の相場になります。さらに広いベランダに拡張したい場合は、約幅360㎝×奥行90㎝のサイズとなるので、費用の相場は約60万円~となります。

 

ウッドデッキで床部分を仕上げたい場合、既存のバルコニーの約床面積1.62平方メートルと、増設するデッキバルコニー部分の床面積3.24平方メートルの一部を交換するならば、追加費用は材料の値段、約2万円~3万円ほどかかります。

 

ウッドデッキもオーク系やブラウン系のほかにもグレー系の色など色の選択肢が増えてきました。家の外観に合わせることで素敵な雰囲気を作り出すことができます。また、ガーデニングに使用するなどすればカフェのような雰囲気を出すことができるでしょう。拡張したい場所にこだわりがある方は、リフォーム業者と相談し、自分の希望を伝えることが大切です。

 

 

今あるベランダを交換する場合

  

今あるベランダを交換したいと考えているならば、アルミ製のベランダに交換することをオススメします。スチール製はさびが出てしまうため、さびを隠すために約5年おきに塗り替えをしなければならないのです。アルミ製を選択すれば、軽くて耐久性があることに加え、さび止め塗装をする必要もありません。

 

スチール製のベランダからアルミ製のベランダに交換する場合、撤去・解体費と新設工事費用を含めて約60万円が相場になります。しかし撤去費はリフォーム業者によって異なるため確認をしておきましょう。

 

今あるベランダを屋根付きのものに交換する場合、既存のベランダを撤去し、支柱を外構工事で設置した後、ベランダを新設することができます。強風などにも強い耐久性のある屋根をつけたい場合は、今ある屋根の解体費用と新しい屋根の設置工事費込みで約40万円~85万円が相場となっています。

 

 

ベランダの増築には許可がいる?

ベランダを増設するときには、法的な問題や近所とのトラブルが発生してしまうこともあります。ベランダ増設のトラブルを回避するために知っておくべき情報を紹介します。

 

ベランダ増設の際に、行政から応接の許可を得るための確認申請をしなければならない場合があります。この確認申請には建築の専門的な知識が必要となるため、自力で申請することは難しいです。そのためリフォーム会社や設計事務所に依頼して申請してもらいましょう。申請依頼の費用の相場は15~25万円になります。申請費はリフォームの見積りの中に「申請代行費」として含まれます。費用を比較する際は、申請代行費を確認しましょう。

 

10m以下の増築であることと、建物所在地が防火地域、準防火地域になっていない場合は確認申請をする必要がありません。リフォームを開始する前にこれらの事を確認してから開始すると良いでしょう。

 

ベランダをリフォームするのなら使いやすく!ポイントご紹介

ベランダをリフォームするのなら使いやすく!ポイントご紹介

 

せっかくリフォームするのならば、使いやすいベランダに変えたいです。リフォームするベランダをどのように使うか考えることで使いやすいベランダにすることができます。

 

 

使いやすくとはどうゆうこと?

 

ベランダを使用する目的で一番多いのが、洗濯物や布団を干すことでしょう。つまり使いやすいベランダとは洗濯物や布団を干しやすいベランダの事であると言えます。そのようなベランダにするためにはまず、ベランダを設置する場所が風通し・日当たりのよい場所であるかを確認しましょう。

 

風通しのよくないベランダは湿気が溜まりやすくなってしまいますし、日当たりのよくない場所設置してしまえば洗濯物を干すには不十分な光しか入ってこないため、実用性のないベランダになってしまいます。風通し・日当たりを確認して設置場所を決めましょう。

 

ベランダにバルコニーをつけることもおすすめです。もし雨が降ってきたとしても洗濯物が濡れるのを防いでくれるでしょう。ベランダの屋根にUVカット加工のものを採用すれば紫外線対策にもなります。

 

ベランダを設置するときは、プライバシーにも気をつけましょう。ベランダは外に設置されているため外部からの視線にさらされています。また、空き巣はベランダから侵入することも多いです。防犯性を高めるために手すりやフェンスを設置することが一般的です。設置することで安心できるベランダにすることができるでしょう。

 

後悔はしたくない!注意点

ベランダのリフォームを成功させるためには、リフォーム後をイメージしておくことが大切です。ベランダをどのように使用するのか、そのためにはどんなベランダにするべきなのかをイメージせず設置してしまうと後悔してしまうこともあるでしょう。

 

ベランダは外側に設置されるため、常に風雨にさらされています。そのため老朽化が早く進んでしまいます。素材の腐食により、事故が起こりやすくなってしまう危険性が出てしまうため、老朽化を感じたらリフォームするようにしましょう。安全なベランダを保つためには定期的なメンテナンスが大切です。5年おきに防水塗装をしたり、10年おきにリフォーム工事をするなどしてメンテナンスを心掛けましょう。

 

子どもがいるご家庭の場合、高い場所に設置したベランダは転落の可能性があるため注意が必要です。赤ちゃんの時から高い場所に住んでいた子どもは高いところを怖いと感じなくなる「高所平気症」になりやすくなります。リフォームの時に手すりを高くするなどして、子どもの転落事故防止に努めましょう。

 

せっかくリフォームするのなら。ここで差がつく便利なベランダ

リフォームするベランダの条件をしっかり考えることで、他の家と差をつけることができます。

 

先程も述べましたが、ベランダの老朽化の原因は風雨にさらされていることです。雨によってベランダに水が溜まってしまうということもあるでしょう。ベランダの床を防水加工にし、排水性をあげることをオススメします。もともとあった排水システムの劣化を改善すれば約1万円前後でリフォームすることができます。短期間で工事することができるため、排水性が気になったら早めにおこなうと良いでしょう。

 

ベランダのデザインを決めることは、家の雰囲気を決めることにもなります。リフォームする際はどんな雰囲気の家にしたいかを考えながら、ベランダのデザインを選びましょう。

 

奥行のあるベランダを増設すればアウトドアリビングとして活用することができます。床をタイルやウッドデッキにすることで部屋のような雰囲気にすることができます。ティータイムやガーデニングなどを楽しむことができるでしょう。ガーデニングをする際は、屋外水栓の取り付けリフォームをすると水やりや掃除に便利になります。

 

賢いリフォームをするために…よい業者と出会うこと

   賢いリフォームをするために…よい業者と出会うこと 

リフォームするベランダのイメージがかたまったら、業者と相談しましょう。業者を選ぶ際は、次の3つのポイントを確認しましょう。

 

  • 1,ベランダ増築のリフォーム実績が豊富かどうか
  • 2,過去の顧客からの評価
  • 3,担当者と条件があうか
  •  

    業者を選ぶ際は、ホームページやチラシ、インターネットを使って情報を集めましょう。その後実際にリフォーム会社を訪問し、判断することも良い方法です。

     

    まとめ

    家は生活の中で大切な存在です。家の安全性を守るためには、劣化を防ぐためにリフォームを定期的におこないましょう。リフォームにベランダを選択することは家のためにもよいことです。どんな目的でベランダを使用するか、家の雰囲気とあわせてどんなデザインにするべきかなど、リフォーム後のイメージをしっかり持つことで、リフォームを成功させることができます。また、業者との相談もリフォームを成功させるためには重要です。自分の条件とあう業者選びをすると良いでしょう。

     

    CM

    私たちが24時間365日サポートいたします!

    0120-949-066

    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • たまがわ
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら

    弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

    情報漏洩対策 情報対応万全

    たいせつにしますプライバシー

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    ページの先頭へ

    0800-805-7780

    たいせつにしますプライバシー

    プライバシー対策も万全です

    スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

    0800-805-7780