リフォーム費用比較君トップページ

最新情報・レポート

オール電化にリフォームしよう!おすすめ理由と費用について

オール電化にリフォームしよう!おすすめ理由と費用について

2018年12月05日

オール電化にリフォームしよう!おすすめ理由と費用について

 

ガスなどの光熱費って意外と高くつきますよね。そんなお悩みをお持ちの方は、オール電化リフォームをしてみませんか?

 

家全体をオール電化にすることで、今まで別々で支払っていたガスと電気の基本料金が電気だけで済み、毎月支払っていた費用を抑えることが可能です。

 

さらにキッチンのガスコンロをIHクッキングヒーターにかえれば、火を使わないため火災の心配もぐっと減ります。

 

しかし、いざオール電化のリフォームをしようと思っても、リフォームにかかる費用が気になりますよね。今回はオール電化の基礎知識からリフォーム費用の相場まで、オール電化の気になることを紹介します。

 

オール電化のことをしっかり理解して、リフォームへの第一歩を踏み出しましょう!

 

 

リフォームの前に…オール電化の基本情報

オール電化という言葉を最近よく耳にする方も多いと思いますが、そもそもオール電化に関してどのくらい知っていますか?

 

オール電化とは?

オール電化とは、キッチン、空調、給湯などをガスではなくすべてにおいて電気を使用することをいいます。ガスと電気の併用から電気に一本化するので、オール電化とよばれています。

 

オール電化に使用される設備

それでは具体的にどのようなものがオール電化に含まれるのでしょうか?

 

・IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターとは、火で加熱するガスコンロとは異なり、電流を使って鍋などの調理器具を温めて熱を加える調理器具です。

 

IHクッキングヒーターから送られた電流のほとんどが、フライパンや鍋自体にそのまま伝わり加熱ができるので、エネルギーロスを抑えることができるという利点があります。

 

・エコキュート

エコキュートとは、空気の熱を利用してお湯を沸かす給湯器です。ガスの給湯器と比べ、省エネルギーなのが特徴です。

 

・床暖房

床暖房とは、床を温めて部屋全体を温かくする暖房システムです。電気式と温水式の2種類があります。

 

 

オール電化にリフォームするとどんなよいことがある?

オール電化にリフォームするとどんなよいことがある?

 

オール電化にリフォームすることで、実際にどんなよいことがあるのでしょうか?

 

基本料金をまとめて抑えることができる

ガスと電気を使用している場合は、それぞれの基本料金が必要となります。しかしオール電化にすることで使用するのは電気のみとなり、今までガスと電気で別々だった基本料金を電気のみすることが可能です。

 

電気とガスの基本料金をそれぞれ別で支払うよりも、オール電化にして基本料金をまとめたほうが基本料金も安く抑えることができます。

 

お湯や暖房に必要だった光熱費を抑えることができる

お湯や暖房は光熱費が高くなりがちですが、オール電化にすることで費用を抑えることができます。

 

オール電化にすると、夜間の電気料金が安く設定される場合が多いです。夜のうちに沸かしたお湯をタンクにためておけば、そのお湯を日中に使うことができるのです。

 

また暖房も蓄熱暖房機であれば、夜のうちに蓄熱し日中にその熱を使うことができるので夜間の割安料金で電気を使用できます。

 

火災を誘発する原因が減る

オール電化にすることで、ガス漏れなどの心配が減るほか調理中の火災の心配も減らすことができます。ガスコンロの場合、火を使用して調理しますが、IHクッキングヒーターだと火を使用しないため安全性が高まるといわれています。

 

気になる費用とオール電化リフォームの補助金制度とは?

オール電化リフォームを考えていると、実際どれくらいの費用がかかるのか気になりますよね。それぞれのリフォームにかかる費用をご紹介していきます。

 

オール電化リフォームの相場費用

オール電化リフォームではガスコンロからIHクッキングヒーターに、ガス給湯器からエコキュートへと変える方が多いです。今回はIHクッキングヒーターとエコキュートに加え、床暖房のリフォームを合わせた3つの相場費用をご紹介します。

 

・IHクッキングヒーター

ガスコンロからIHクッキングヒーターにする際の費用は、IHクッキングヒーターとその取り付け費用合わせて20万円から50万円ほどかかります。

 

またIHクッキングヒーターには、調理台と一体化させるビルトインタイプと、キッチンに置くだけの据え置き型の2種類ありますが本体価格はほぼ同じです。

 

・エコキュート

ガスでお湯を沸かす給湯器からエコキュートにする場合の費用は、エコキュート本体とその設置工事合わせて50万円から100万円ほどです。エコキュート本体は各家庭に合わせた容量のものを選ぶ必要があるので、値段はその容量によって多少異なるのです。

 

・床暖房

ガスなどの暖房器具から床暖房にする場合、電気ヒーターで床を温める電気式とお湯で温める温水式の2種類から選ぶ必要があります。

 

電気式の床暖房は本体と設置費用合わせて60万円ほどと初期費用は安いですが、その後の使用コストは高めです。

 

温水式では本体と設置費用合わせて80万円ほどと、電気式と比べると初期費用は高いですが、使用コストは抑えることができます。10年以上床暖房を使用する予定の方は、温水式のほうが結果としてお得になる場合が多いです。

 

補助金とは?

空気の熱でお湯を沸かすエコキュートを導入する場合、自治体によって補助金がでる場合があります。

 

・なぜエコキュートにすると補助金がもらえるの?

エコキュートは、ガスを使ってお湯を温めるガス給湯器より少ないエネルギーでお湯を沸かすことができ、環境に優しいです。

 

ガス給湯器では二酸化炭素を多く出すことが懸念されていましたが、エコキュートの誕生によりそれを抑えることが可能になりました。

 

そんな地球に優しいエコキュートの普及を広げるために、補助金制度が導入されました。

 

・補助金を申請するには?

エコキュート設置の補助金を申請する際は、かならず設置をする前に申請をしてください。設置をした後に申請しても、受け付けてもらえないので注意しましょう。

 

必要な書類を各自治体の窓口に提出し、申請が通れば補助金を受け取ることができます。

 

リフォーム会社はオール電化に対応している業者を選ぼう

リフォーム会社はオール電化に対応している業者を選ぼう

 

リフォーム会社でもすべての工事に対応しているとは限りません。オール電化に対応していて、信頼できる業者を選びましょう。

 

オール電化リフォームの実績が多い

オール電化リフォームの実績が多い業者を選びましょう。オール電化リフォームに対応していたとしても、実績がなかったり少なかったりする業者もあります。

 

作業に慣れていないとリフォームに時間がかかったり、満足な仕上がりにならなかったりする場合もあるので気をつけましょう。

 

料金や作業内容が明確

オール電化のリフォーム費用は高額になることもあります。そんな大切なリフォームだからこそ見積書に不明点があってもきちんと説明してくれる、素人でも分かりやすい説明をしてくれる業者を選ぶことが大切です。

 

アフターサービスがある

リフォームが終わってから何か不具合があったり、欠陥が発覚したりした際にアフターサービスがあれば対応してもらうことができます。不安をなくすためにも、できればアフターサービスがある業者を選びましょう。

 

まとめ

オール電化とは、キッチン、空調、給湯などをガスではなくすべてにおいて電気を使用することです。ガスの代わりに電気で調理をするIHクッキングヒーターや、電気やお湯で床を温める床暖房にかえることもオール電化の一部です。

 

オール電化にすることで、今まで別々だったガスと電気の基本料金を合わせることができその分費用を抑えることができます。また火災の心配が減るなどの多くのメリットがあるのが魅力です。

 

オール電化のリフォーム費用はかかりますが、補助金制度もあるのでうまく活用してみるといいかもしれません。

 

オール電化リフォームを依頼する際は、オール電化に対応していて信頼できる業者を選びましょう。

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

0800-805-7780

たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780