住まいのリフォームは私達にお任せください

一括お見積りはこちら

住まいのリフォームは私達にお任せください

pic127

高齢になると足が上がり難くなり、ちょっとの段差でも躓いてしまう事があるようです。また、段差が危険なのはお年寄りだけではありません。小さなお子様でも段差で転んでしまうケースも珍しくないのです。段差のある住まいをどうにかしたい時には住宅のリフォームを行い、バリアフリーへと改善してみるのも良いのではないでしょうか。段差を解消する事によって住まいの安全性が高くなるのは魅力的かと思われますが、当社にも「マンションのリフォームをしたい」、「高齢になった両親が心配」などの住まいのリフォームに関するご相談をよく頂きます。
当社にご相談頂くお客様の中には優秀な業者に工事を依頼したいというご希望を持たれているお客様がよく見られるのですが、当社がご紹介する業者は当社独自の基準をクリアしています。その為、安心して工事をご依頼頂けます。また、複数の業者をご提案させて頂きますので、その中からお客様側でお選び頂く事ができます。もしご希望に沿う業者が見付からなかったり、キャンセルをしたい時でもキャンセル費用は頂きません。また、しつこく勧誘のご連絡をするような事もありません。当社のオペレーターがご不明な点にお答え致しますので、どのような事でもお気軽にお問合せ下さいませ。

リフォーム費用比較君とは?

リフォーム費用比較君の4つの強み

ご紹介の流れ

お客様の施工体験談

おかげさまで皆様からご好評をいただいております!

より良い住まいにするためのリフォーム

子供が生まれ、そろそろ自分たちの持ち家がほしいと中古マンションを購入しました。
築年数が20年近く経っていますが環境が良く、立地も申し分なかったためほぼ即決しました。
内覧の時から段差が少し気にはなっていて夫婦で話し合ってより良い住まいにするためにバリアフリーにリフォームする事にしました。
キッチン、トイレ、バスルーム、かたい引き戸など、この先の私たちが年老いて少しの段差が生活に支障をきたしてしまうであろうという想定のもと、住宅リフォーム会社の5件ほどに見積もり依頼して今出せる予算や追加でしておいた方がよいリフォームなどを加味し、住まいのリフォームが始まりました。
私たちは30代で今はまだ段差につまずくことはありませんが、実家で足の悪い父がトイレの段差でつまずいて危うく転びそうになるという事があり、身近な問題になりつつありました。
マンションのため、大がかりな事はできませんが、段差をなくすだけでもかなり歩きやすくなりました。
息子もハイハイするようになり、段差をそのままにしておくともしかしたら落ちる事もあったかもしれません。
今の現状で住んで行くのも数年は良いかもしれませんが“危ないかもしれない”を想定し、より安全に過ごせる住まい作りも親の役目だと実感しました。

最新情報・レポート

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

0800-805-7780

たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780